www.timberlandsbootsjp.com

-

-

自動車の事故はあなただけの事故と誰か別の人を巻き込む事故がございます。あなただけの事故のケースでは、自身だけで事故の対応が済めば終わりますが、第三者に影響を与えた自動車事故はそれぞれにどの程度ミスがあるのかを確かめてこの結果によってマイカーの修復の費用や示談金の金額等が決められるので保険屋さんの担当の人を交えながらのやり取りが欠かせません。多くの事故の場合各々になんらかの責任がある場合が大部分で一方だけの落ち度であるという場面は多くありません。無論赤信号で止まらなかったり、一旦停止無視などの交通違反によって起きた事故はかなり大きな責任がありますが被害を受けた人にもミスがあったと判断されます。自動車での事故の場面ではどの人の間違いが原因で起こったかという結果がたいへん大切になってきますのでその結果を数字で表した材料が「過失割合」(過失割合)と呼ばれるものです。例として、先ほど記述した赤信号無視や一時停止を無視した状況なら、法のルール上相手側がすべての落ち度があるように見えますがもし事故を起こした自動車が正面から近づいてきて目で確認された時だとすれば被害者だったとしても注意が足りないと1割りぐらいの落ち度があると認められる状況もあります。言うならばその状況では相手9割事故に巻き込まれた自分が1割過失の割合となって間違いが大きいとそれに応じた過失が問われる事になるのです。また事故の割合過去の判例を参考にして決められる状況が大いにあり日弁連の交通事故相談センターから発表されている基準表がものさしとして利用されています。このような過失の数値が大きければ間違い、結論として損害賠償金も大きくなってしまうので、事故後の話し合いは事故当事者だけでなく保険の担当者を加えてちゃんと協議することが不可欠です。

Copyright © 2000 www.timberlandsbootsjp.com All Rights Reserved.